カンボジアのニュース

プノンペンで水道セミナー北九州市と共催ーJICAカンボジア事務所
配信日時:2016年11月29日 9時11分 [ ID:3946]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

JICA提供

 2016年11月21日、JICAカンボジア事務所が発行する「カンボジアだよりNo63」に『カンボジアと日本が「水道セミナー」を開催 水ビジネスの展示・商談会も』と題する記事が掲載された。

 (記事)プノンペン市内のホテルで10月25、26の両日、JICAとカンボジア政府、北九州市が共催する水道関連のセミナーが開かれました。水道事業体の経営について議論をするため、カンボジア国内の公営、民間の事業体から200人以上が集まりました。 セミナーでは、カンボジアの水道事業の概要やJICAによる援助の状況に加え、事業体の経営状態を測る業務指標についてグループディスカッションなどで議論が交わされました。
 
 また、海外で「水ビジネス」を展開する北九州市海外水ビジネス推進協議会(KWOBA)の活動についても紹介されました。 今回、KWOBAからは、水処理、ポンプ、汚泥処理、排水管の整備・管理などの事業を手掛ける日本の民間企業27社が参加。メイン会場に隣接する展示コーナーで、自社製品の紹介やビジネスマッチングも行いました。これだけ多くの社が日本から自社製品 を持ち込んで紹介する展示会はカンボジアでは初めてのことでした。
 
 JICAは、カンボジアの内戦が終わって間も ない1990年代前半から、水道インフラ整備や人材育成の支援に携わっています。支援事業は現在も継続。さまざまな改革で、事業体の立て直しと先進国と肩を並べる安全な水の供給を実現したプノンペン水道公社の成功事例を、カンボジア全土に広げようと取り組んでいます。

【編集:YA】

カンボジアの新着ニュース