フィリピンのニュース

【フィリピン】韓国人観光客が窃盗の被害ー犯行は警察官
配信日時:2017年1月28日 19時54分 [ ID:4078]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

韓国人街に近い、韓国経営のバー。お昼から営業している。

 2017年1月28日、韓国メディアによると、フィリピン最大の歓楽街パンパンガ州アンヘレスで、地元の警察官が因縁をつけ、韓国人観光客の金品を窃盗した事件が表面化した。このところフィリピン警察の韓国人相手の不祥事が目立っている。韓国人の中には下品な人もおり、バーでの横柄な態度を嫌うフィリピン人も少なくない。

 また、根底には、パンパンガ州で韓国人男性がフィリピン人女性を妊娠させ、連絡が取れなくなることが年間約16,000件も発生しており、韓国への憎悪が広がっていることも、警察官犯罪の対象に韓国人が選ばれている要因の一つと言えそうだ。

 この事件は、昨年12月31日、駐フィリピン韓国大使館に、韓国人観光客2人から、現地アンヘレスの警察官に現金を奪われたとの通報があった。韓国大使館がフィリピン警察委員会に調査要請をして、警察官の犯行が明らかになった。

 警察官は、ゴルフや歓楽街で遊ぶ目的で、アンヘレスに滞在中だった韓国人の宿泊ホテルに出向き「違法オンライン賭博の容疑がある」として客室から連行した。

 派出所に連行した警察官は、持ち物を検査すると言い、金品を窃盗した。この事件にかかわった地元の警察官7名は、懲戒免職され、犯罪者として逮捕された。

 最近、フィリピン警察官の不祥事が報じられるケースが増えていることについて、ドゥテルテ大統領の誕生で、不正を見逃さず排除する考えが浸透してきたためだと見られている。フィリピン警察のクリーン化が促進されている。

【編集:LM】

フィリピンの新着ニュース

改造4輪駆動車で、セクション1から温泉ゾーンのセクション3へ 川の中を走る4輪駆動車(取材協力・Clark Development Corporation (Tourism Office) and Department of Tourism Region 3)2018年5月23日撮影