タイのニュース

【タイ】ファン悲鳴! 最優秀新人賞を受賞したばかりの人気歌手ブン・パトゥムラートが兵役へ
配信日時:2017年4月3日 10時56分 [ ID:4248]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

3月26日に行われたマハーナコンアワードで2つの賞を受賞したばかりのブン・パトゥムラートさん(そむちゃい吉田撮影)

 2017年4月2日、タイ全土で毎年行われる徴兵のためのくじ引きで、多くのマスコミとファンが注目する中、大人気の新人歌手ブン・パトゥムラートさんが徴兵されることなった。

 タイは、20歳になると兵役の義務がある。しかし、全員が徴兵されるわけではなく、毎年4月初めに行われるくじ引きで徴兵か否かが決められる審査会が開かれる。今年はネットから火が付いて大手のRサヤーム社の所属するブン・パトゥムラート(Rサヤーム社所属)が対象。しかも、つい先日2016年度最優秀男性新人賞と最優秀作品賞を受賞したばかりとあって、ファンはもちろんのこと、多くのマスコミも会場に詰めかけた。

 くじ引き当日は、身体測定と健康診断が行われる。例年、マスコミも注目する美しき(ニューハーフ)対象者たちは、この健康診断で不採用が決まる。次々と兵役免除の黒紙が引かれる中、注目のプンが引いたのは兵役対象を意味する赤紙。その瞬間、ファンの悲鳴が会場内に響き渡り、マスコミも速報を打った。

 マスコミのインタビューに答えたブンさんは、
「ここで黒紙を引いて兵役に就くことになりますが、自分は国家のために役に立てることを大変誇りに思っています。デビューから自分を応援してくれているファンのみなさんには、わたしは喜んで兵役に就くのですから、どうか悲しまないで欲しいです。」と語った。ブンさんは陸軍への配属が決まっているが、具体的な入隊日程は追って通知される予定。

 ブンさんのフェイスブックには、「ショック過ぎる。なんとか取りやめにならないの?」、「お金持ちたちが徴兵逃れをしている中で、堂々とした姿に感動!」、「男らしい! 本物のタイ男児だね」などと戸惑いを隠せないものや応援のコメントが多く寄せられている。

【翻訳/編集:そむちゃい吉田】

タイの新着ニュース

リハビリテーション室。20年前の日本のリハビリテーション室と重なる部分がある。扇風機しかないため、室温が40℃を超える日もある(写真提供:プラプラデーン障害者ホーム)