ミャンマーのニュース

高田馬場など舞台の映画がミャンマーで上映へ 日緬合同、森崎ウィンさんら出演
配信日時:2017年8月8日 8時37分 [ ID:4488]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

記者会見後に記念撮影するチーピューシン監督(左から2人目)ら(ヤンゴン、撮影:北角裕樹)

 2017年8月7日、NHK系の日本国際放送とミャンマーのテレビ局MNTVはヤンゴンで記者会見し、共同で映画「My Country My Home」を制作すると発表した。来年2月にミャンマーで上映する、日本での公開は未定。

 ミャンマー人が多く暮らす高田馬場で育ったミャンマー人の女子高生ナンが主人公。ナンは自分は日本人だと信じて暮らしてきたが、ある日父親からミャンマー人であることを告げられ、悩みながらもアイデンティティを確立していくストーリー。ミャンマーの若手トップ女優ウィッモンシュエイーさんが主演するほか、日本の音楽グループ「Prizmax」で活動するミャンマー出身の森崎ウィンさんも出演する。高田馬場のほか、ミャンマー人に人気の高い大仏のある鎌倉などで撮影する予定。ミャンマーでは景勝地のインレー湖などが登場する。

 社会派の作風で知られるチーピューシン監督を起用。ミャンマーの民主運動家が弾圧を受けて日本に逃れた事情なども描かれるとみられる。ルーツに揺れる主人公の人間模様だけでなく、日緬の政治情勢をチーピューシン監督がどう描写するかも焦点だ。

【執筆:北角裕樹】

ミャンマーの新着ニュース