フィリピンのニュース

フィリピン航空も出展・世界最大級 旅の祭典! ツーリズムEXPOジャパン9/23-24開催
配信日時:2017年9月20日 11時15分 [ ID:4610]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

フィリピン航空A330 Business Class (ビジネスクラス18席、プレミアムエコノミークラス24席、エコノミークラス267席、計309席の3クラス制。LCCのセブパシフィック航空の同機種は436席。信頼感とゆったり感で選択するならフィリピン航空だ)

 2017年9月23ー24日、東京ビッグサイトで開催される『ツーリズムEXPOジャパン2017』に、フィリピン航空(PR)も出展する。

 フィリピン航空のコーナーは、フィリピン観光省ブース内。ブースのテーマは『もっと楽しいフィリピン〜魅惑のビーチ体験! フィリピンの夏の海! 〜』フィリピン航空のコーナーでは、A330新シートのパンフレットや、各社のフィリピン旅行商品パンフレットを用意。

 ステージプログラムは、9月23日(土) 12:30~、9月24日(日) 15:00~。サービスの案内や、クイズ大会を開催。参加者には賞品(フィリピン航空ノベルティグッズ)をプレゼントする。

ツーリズムEXPOジャパン2017(会期)
2017年9月23日(土)・24日(日)

※9月21日(木)、22日(金)は業界関係者の商談会のため一般の入場不可。

23日(土) 10:00〜18:00
24日(日) 10:00〜17:00

場所 東京ビッグサイト東1-6ホール
※フィリピン航空コーナーは、フィリピン観光省、L-041

 フィリピン航空は、英国の航空業界専門の調査会社であるスカイトラックス社の選ぶ5スターエアライン(現在、3スター)を目指し、顧客満足度を向上させる第一段として、日本にも就航しているエアバスA330-300型機の座席シートを一新する。

 新仕様での運航開始は、10月6日、成田ーマニラ線・PR431便9時30分発。11月1日、羽田―マニラ線・PR421便15時05分発。11月16日、大阪―マニラ線・PR407便9時55分発から。

 ビジネスクラス18席、プレミアムエコノミークラス24席、エコノミークラス267席、計309席の3クラス制。LCCのセブパシフィック航空の同機種は436席、ゆったり感と信頼性で選択するなら断然フィリピン航空だ。全てのクラスにテレビモニターを設置。日本語吹き替え版の最新映画を含め、多くの映画を楽しむことが出来る。

 ビジネスクラスは、最大約198センチのフルフラットシートで、座席には空気圧で座席の硬さを調節できるPCS(Pneumatic Comfort System)を採用、マッサージ機能もある。座席幅は約60センチ、18.5インチの大型テレビモニター。

 プレミアムエコノミーのシートピッチは96センチで、座席幅は約48センチ、13.3インチのテレビモニター。エコノミーのシートピッチは約81センチで、座席幅は約43センチ、10.1インチのテレビモニターを備えている。

 フィリピン航空は、日本―フィリピン間を最多便数の週80便で結んでおり、座席のシェア率は43%、日本ーフィリピン直行便には、日本人CAも乗務している。

 日本からフィリピンへの観光客は昨年50万人を超え、順調に増えている。フィリピン観光省は、2022年には、日本からの観光客180万人を目標に掲げている。

【編集:AY】

フィリピンの新着ニュース

八戸学院カーテル高等学校(フィリピン・ターラック州サンマニュエル市・2018年7月4日撮影)