ワールドのニュース

急騰する中国地方都市のマンション価格、半年で60%上昇も! 将来への不安から購入者殺到
配信日時:2017年11月12日 9時15分 [ ID:4738]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

習近平国家主席のポスターを外観に貼る、マンション販売センターも 中国・咸陽(カンヨウ)市2017年11月11日撮影

 2017年11月11日、中国・咸陽(カンヨウ)市でも、マンション価格が急騰中、6カ月前に1平方メートル3,200人民元だった部屋が5,120人民元と60%値上がりするなど、マンション価格が値上がりしている。

 マンション販売業者は「建設資材や人件費の上昇によるもので、低価格のマンションの上昇率が高くなっています」と説明、地下鉄建設計画も持ち上がっているそうだ。

 咸陽市は、西安(セイアン)空港のある地域で、隣の西安市内のマンション価格が1平方メートル10,000~13,000人民元になっているため割安感から購入者が殺到。

 不動産情報サイトが主催した、市内6カ所を回るバスツアーには20人が参加した。30階以上のタワーマンションを含む5,000戸以上の大型開発の物件ばかり。中国のマンション販売は、スケルトン渡し(内装無し)が多かったが、来年販売を開始する物件からは、内装工事を含めて販売する事になる。

 最初に一行が訪れたマンション販売センターには、日本語の話せるスタッフもおり、コンセントは信頼性の高いパナソニック製。エレベーターは日立製であることなどもアピール。販売価格の決定は12月。

 また、習近平国家主席のポスターを貼り出す販売センターもあった。ここでは、ビルトインの空気清浄機を展示するなど、各社の特徴は様々。

 参加者の一人は「息子が2人おり、北京と上海で働いています。大都市は価格が高く購入は困難なため、地元でマンションを購入することを希望しており、この見学ツアーは息子がWEBサイトで申し込みました。価格の上昇話を聞くと早く買わないと、ドンドン値上がりして手が届かなくなるのが心配です」という。

 マンション販売業者は「これまで100平方メートル以上の部屋が多かったですが、これから設計する物件は80平方メートル前後が主流になりそうです」と話す。

【編集:王君】

ワールドの新着ニュース