カンボジアのニュース

【カンボジア】教育支援のシーセフ「スクールバス購入資金をクラウドファンディングで調達」
配信日時:2017年12月5日 9時15分 [ ID:4776]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

日本人イラストレーターのデザインスクールバス

 2017年12月、カンボジアをはじめとした途上国で、教育支援をしている公益財団法人シーセフは、昨年カンボジアで開校(園)した日本式教育を取り入れた幼稚園・小学校・中学校一貫校「シーセフ リーダーズ アカデミー」のスクールバス購入のために、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて、200万円の資金調達プロジェクトに挑戦し、97名から2,264,000円の支援を受けプロジェクトを達成した。

 シーセフ リーダーズ アカデミーは授業料無料で子どもたちを受け入れ、質の高い教育を保障している。しかし「通園」の難しさを理由にせっかく入った幼稚園を退園していく子どもたちも少なくない。1時間以上のバイク通園児童は、雨季はびしょ濡れで登園し、通園路が洪水になってしまう事も。また、カンボジアの交通事故発生率は日本の約100倍。その90%がバイク事故によるもので、危険と隣り合わせの命がけの通園となっている。
 
 スクールバスの導入で、たくさんの子どもたちの「毎日」「安全」な通園が確保される。バスは2018年2月頃から運行予定で、導入車種の選定中だ。イラストレーターの「ICHIGEN(いちげん)」氏のデザインバスが子どもたちを乗せてカンボジアを走る。

【編集:高橋 彩加】

カンボジアの新着ニュース