ワールドのニュース

仮想通貨PGC(フィリピン・グローバル・コイン)日本人取締役が逮捕
配信日時:2018年5月1日 23時30分 [ ID:5024]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

フィリピン

 2018年5月1日、仮想通貨PGC(フィリピン・グローバル・コイン)を発行するJ-PGC(本社・フィリピン セブ島)の、奥野高徳(オクノタカノリ)取締役が、警視庁に逮捕された。

 一昨年、東京・港区で男性2人が暴行され現金を奪われた事件で、奥野高徳取締役は、実行犯に暴行を指示した疑いで逮捕されたが、容疑を全面的に否認しているという。

 フィリピン・グローバル・コインを発行するJ-PGCの代表には、フィリピン大統領の弟、エマニュエル・ドゥテルテ氏が就任しており、マイクロファイナンスなどの事業も手掛けている。奥野高徳取締役は、同社のNo.2として重要な役割を担っており、取引所への上場スケジュールなどに、影響が出るのではないかと関係者は心配している。

【編集:Allen】

ワールドの新着ニュース