フィリピンのニュース

フィリピンへの観光客700万人を突破 日本からは8.15%増63万人を記録
配信日時:2019年1月25日 11時15分 [ ID:5472]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

フィリピンのイメージ 世界一小さなメガネ猿・ターシャ

 2019年1月24日、フィリピン観光省(DOT)は、2018年にフィリピンを訪れた観光客は、7.65%増加し、史上初の700万人を突破したと発表した。日本からの観光客数も8.15%増加し、63万人の記録を残した。

 DOTによると、フィリピンへの観光客は、アジア太平洋地域の平均観光客上昇率の6%を超えており「ボラカイ島を一時的に閉鎖し、持続可能なリゾートを目指し環境面での整備を行ったこともプラスに作用した」と説明した。

 観光客を国別にみると、1位 韓国158万人、2位 中国125万人、3位 アメリカ103万人、4位 日本63万人、5位 オーストラリア27万人。

 日本からフィリピンへの航空便の拡充は充実度が高まっている。フィリピン最大の航空会社、セブパシフィック航空の大型機材での運航や、ジェットスターは大阪―クラーク線をスタート、2月1日からはJALが日本国内からの乗り換えに便利な、羽田発マニラ行きの深夜便の運航を始める。

【編集:KM】

フィリピンの新着ニュース

エアアジア・ゼスト タクロバン―マニラ線を乗務するCA.(2019年4月14日「HUAWEI Mate 20 Pro」で撮影)