フィリピンのニュース

【フィリピン航空】日本就航70周年『フィリピン・ビジネスミッション』でプロモーション
配信日時:2019年6月1日 7時15分 [ ID:5684]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

フィリピン航空 今西 正樹 東京地区旅客営業部長 (2019年5月31日コンラッド東京で撮影) 観光セミナー『フィリピン・ビジネスミッション』

 2019年5月31日、フィリピン航空は今年3月で創立78周年を迎え、日本への就航は70周年となりアジアでは最も長い歴史を持つ航空会社。観光セミナー『フィリピン・ビジネスミッション』では最新のプロダクト、スケジュール、保有機材や、機内サービスについてプロモーションを行なった。

 フィリピン航空は、日本5都市、6空港(新千歳、成田、羽田、中部、関西、福岡)から週87便が就航している。東京地区からは成田からデイリーでマニラへ週14便、セブへ週14便を就航。 

 ワークショップでは専用ブースを開設し、旅行会社のツアー企画担当者などに様々な情報提供を行った。

 フィリピン航空では、日本に就航しているA330型機材を全面改装し、3クラス制としている。従来のビジネスクラスとエコノミークラスの間に中間クラスとして『プレミアムエコノミークラス』が新登場。横7席(2席 x 3席 x 2席)と従来よりもゆったりとプレミアム感を加えた。受託手荷物にも『プレミアムエコノミークラス』専用のプライオリティタグを付け、ビジネスクラスの受託手荷物の次の優先順位でハンドリングし、到着時に素早く荷物を受け取れる。全席に配備されたパーソナルモニターも13.3インチと大型化しており充実したインフライトエンターテインメントが楽しめる。
 
 座席情報:シートピッチ(96cm)、シート幅(49cm)、レッグレスト、フットレスト装備※同機材は成田~マニラ線(431便・432便)、並びに羽田~マニラ線(421便~422便)に就航中だ。

【編集:WY】

フィリピンの新着ニュース

7月からオルモックの公立大学に進学するメアリー・ガサル・バロッグ(Mary Gasal Barog)さん(右)、母 Flordeliza Gasal Barogさん(左)、フィリピン・レイテ島 オルモックで撮影