フィリピンのニュース

【もっと楽しいフィリピン】世界初のリゾートエアポート「マクタン・セブ国際空港」ゆったり
配信日時:2019年5月28日 9時15分 [ ID:5691]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

リゾートをイメージした空港は、ゆったりしておりリラックス感が素晴らしい(マクタン・セブ国際空港2019年5月9日「HUAWEI Mate 20 Pro」で撮影)

 2019年5月、昨夏にオープンした世界初のリゾートエアポート「マクタン・セブ国際空港」第2ターミナル(国際線用)は、ゆったりしており利用者に好評だ。これまでマニラ乗り換えで移動していた人も、セブ経由を第一希望にするほどの人気。

 国内線専用の第一ターミナルまでは、徒歩5分。シャトル巡回バスも新車両で運行されている。空港での、日本円からフィリピンペソへの両替レートは悪い事が多く、クレジットカードでキャッシングした方が有利なことも多い。

 出国時は、空港使用料が850ペソ(約2000円弱)徴収される。天井が高く圧迫感の無い作りの空港で、マニラの空港に比べ、真にリゾート空港としての手堅い評価を受けている。フィリピン政府の観光にかける意気込みを具現化した空港だ。

【編集:WY】

フィリピンの新着ニュース

7月からオルモックの公立大学に進学するメアリー・ガサル・バロッグ(Mary Gasal Barog)さん(右)、母 Flordeliza Gasal Barogさん(左)、フィリピン・レイテ島 オルモックで撮影