ワールドのニュース

【もっと楽しいフィリピン】セブで楽しく過ごすアクティブシニアに最適、新築・賃貸アパート23,000円
配信日時:2020年1月27日 9時15分 [ ID:6100]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

セーフティスタッフは、巡回式(JAL Apartmentゲート)セブ・マクタン島。

 2020年1月27日、ロングステイ先として人気のフィリピン・セブ。日本を捨ててセブで楽しく明るい毎日を過ごすアクティブシニアが増えている。

 マクタン島に住む日本人の集まり「セブ・マクタン島 木曜会」の尾田慎二さんによると、手軽に借りられる安価な賃貸アパートは、直ぐに借り手が決まってしまい、探すのが難しいという。

 木曜会のメンバーも居住する新築賃貸のJAL Apartment(月額10,000ペソ+共益費700ペソ)は、6戸の小さなアパート。監視カメラがあり、セキュリティスタッフも巡回警備で安全を守っている

 2LDKで広さは約60平方メートル。ベランダには屋根があり、急な雨でも洗濯物を干すのにも便利。プロパンのガスレンジもベランダに設置するタイプだ。ダブルベットのフレームは既に部屋に備え付けられている。

 天井は約2メートル90センチと高く圧迫感が無い。2部屋には、一体型エアコンの取付枠も設置されているほか、温水器用の電源コンセントも用意されている。

 洗濯機用の水道の近くに、電源コンセントが無いことぐらいの優良物件だ。(10,700ペソは、円換算で、約23,000円)

 賃貸料が月額30,000ペソ以上(約69,000円)の家具・家電付きのアパートは、不動産会社での取り扱いがあるが、安価なアパートは家主との直接交渉で契約することが多い。

【編集:TS】

ワールドの新着ニュース