ミャンマーのニュース

【ミャンマー】6社目の上場承認、日本支援のヤンゴン証取、物流のエバーフローリバー
配信日時:2020年2月28日 19時15分 [ ID:6177]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

ヤンゴン証取に6社目となるエバーフローリバー・グループが上場する(撮影:北角裕樹)

 2020年2月28日、ヤンゴン証券取引所は、同取引所の6社目となる物流会社エバーフローリバー・グループ(EFR)の上場を承認したと発表した。取引開始日は3月20日を予定している。2016年に取引を開始したヤンゴン証取では、市況の低迷などから上場企業が5社にとどまっており、2018年1月に上場したTMHテレコム以降、新規上場は約2年ぶりとなる。

 エバー社は、2014年創業の物流会社。国内・国際輸送のほか、物流センターの運営を手掛ける。日本の物流大手の上組や宇徳と合弁事業を行っている。2019年3月期の売上高は約100億チャット(7億6千円)。

 ヤンゴン証取では現在、外国人投資家による株取引はできないが、ミャンマーの証券当局は昨年7月、外国人の取引を認める通達を出した。ただ、その細則が発表されていないため、いまだ取引が実施されていない状況だ。ヤンゴン証取幹部は「近く細則が発表される見通しだ」と話している。

【取材/執筆:北角裕樹】

ミャンマーの新着ニュース