ミャンマーのニュース

【ミャンマー】ラウェイ選手の渡慶次さん、小学校の校舎を建設 募金サイトで270万円集める
配信日時:2020年3月4日 7時15分 [ ID:6186]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

ミャンマーでは「狂戦士」の異名をとる渡慶次幸平さん(左)(ヤンゴン、撮影:北角裕樹)

 2020年2月28日、プロのラウェイ選手の渡慶次幸平さんが、ミャンマーでの学校の校舎建設のために寄付を募っていたクラウドファンディングのプロジェクトで、合計233人から270万6千円を集めた。目標額は250万円に設定し、同日までにこの額が集まらなければ失敗となり、資金は払いこまれない仕組みだったが、目標額を超えたためにプロジェクトが成立した。資金はミャンマー中部バゴー管区の小学校の校舎の建設に充てられる。

 渡慶次さんは、ミャンマーの伝統格闘技ラウェイの選手として、日本やミャンマーで試合に出場。2018年のミャンマーを代表する大会で王者となっている。渡慶次さんは、ヤンゴンでの試合後に訪れた小学校の校舎があまりに粗末であることに衝撃を受けて、支援活動を開始。今後も支援を続け、校舎だけにとどまらず、生徒の卒業後のキャリア形成などの面で力になりたいという。

 渡慶次さんはプロジェクト成立後、「多くの人に共感してもらい、本当に感無量。これで終わりではなく、ようやくスタートラインに立てたと思っている」と話している。

【取材/執筆:北角裕樹】

ミャンマーの新着ニュース