フィリピンのニュース

日本からのマニラ便は通常通り「マニラ首都圏で移動制限」ドゥテルテ・フィリピン大統領
配信日時:2020年3月13日 4時00分 [ ID:6219]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

成田空港 フィリピン航空 チェックインカウンター

 2020年3月12日、フィリピンメディアによると、マニラで新型コロナウイルスの感染確認者が増加している事から、ドゥテルテ大統領は「マニラ首都圏への出入りを制限」すると発表した。公衆衛生上の警戒レベルを最も強い最悪に切り替えた。

 制限されるのは、航空機はマニラを発着する国内線の全便、マニラと各地を結ぶ船舶、陸路を遮断するためマニラと他地域の境界線の道路。期間は2020年3月15日~2020年4月14日まで。また、感染確認者が多い地域からの外国人の入国も引き続き制限する。
 
 この他にも、全ての教育機関・学校などを2020年4月12日まで休校にする。大きなイベントや集会を禁止。感染確認者が見つかった地域では道路を封鎖する。

 マニラの人口は約1200万人。ドゥテルテ大統領は「国民を新型コロナウイルスから守るため、マニラを隔離して感染を防ぐ」と述べた。幹線道路に多くのチックポイントを設けて、軍や警察が監視する。フィリピンで新型コロナウイルスの感染確認者は52人、この内2人が死亡した。

 フィリピン・ドゥテルテ大統領は強力な指導力で、全力で新型コロナウイルスの感染を防止するための施策を実行している。万が一、感染確認者数が増えた場合、中国からの防疫支援・医療支援を受けることも検討に上がっている。

【編集:RO】

フィリピンの新着ニュース