ワールドのニュース

若手起業家『高橋平吉氏、今最も注目するビジネススクール、EPAの実績者たち』
配信日時:2020年6月20日 8時00分 [ ID:6484]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

ENTRE PLACE​ Academy(ビジネススクール)《略称EPA》は、受講生から多くの起業独立者を輩出している

 2020年6月、若手起業家・高橋平吉氏(26歳)は、自信が運営するENTRE PLACE​ Academy(ビジネススクール)《略称EPA》の受講生から多くの起業独立者を輩出している。将来海外でも通用するコミュニケーション力の高い人材育成に力を入れているのも特徴だ。

 その中で注目すべき点は、三つある。

 一つ目は、起業独立者年齢と起業までのスピード感だ。写真に写っている起業独立者は、高橋平吉氏が育成した一部の起業家たちで、なんと全員が20歳代。高橋氏に聞くと育成している受講生の8割が20歳代であるという。そして受講開始から平均で一年から一年半後には、起業独立しているという驚異のスピードだ。

 二つ目は、起業独立者らの実績だ。全員が売り上げや収益をしっかり上げている経営者である事だ。起業は誰でも出来る世の中である今、創業一年目から年商一億、二億の起業家を高橋氏は育成している。事業内容は、美容事業・自動車事業・広告事業・動画制作事業・アパレル事業・金融事業・代理店事業などだ。

 成功を収める若手起業家を育成するその教育の秘密について高橋氏は、「起業を目指している方に聞きたい、貴方がもしも社長だとしたら自分を雇いたいと思いますか? また雇うとしたらいくらで雇いますか? もしもそこの自信がないのなら何か自分に甘えていたり、努力していない事が多いでしょう。僕が大切にしている事は、100の言葉より背中の1です。言う事は誰でも出来るので簡単、それからどう行動を変え実践していくか。ただ昔の僕もそうだったのですが何を行動したら良いか、どう頑張ったらいいかが分からない。だから僕は学ぶ場に自ら足を運び学びましたし、そういう環境を創りたくて今の教育をしてます。なので結論は抽象的ですが正しい学びと正しい努力をする事が上手くいく秘訣です。正直どこかで聞いたことがある事だと思うのですが、上手くいくには魔法なんてなくて、やった方がいいと思っている事をどれだけの行動力と継続力を持ってやれるかです」と話す。

 三つ目は、才能が要らないと言う事。写真に写っている起業独立者は、失敗した経験をほとんどが持っている。だからこそ、みんな口を揃えて「才能や今のスキル、学歴は全く関係ない、自分を変えたいと思う意思次第だ。むしろもし才能があったとしたらEPAを受講する前から成功していたでしょう。だからこそ凄いのは僕らではなく、才能がなくても引き上げてくれたこのEPAという環境にあり、とても感謝しています」と強く起業独立者は言う。

 また前職は、警察官、フリーター、美容師、料理人、建設作業員、アパレル店員、ホテルマン、OL、工場労働者であり、最初から起業独立を目指していた訳ではない。むしろ受講前は起業なんて自分には出来ないと思っていたり、副業だけで良いと思っていた人がほとんどだ。しかし、受講していく中で自分のスキルやマインドが自分自信の身に付いて、以前はイメージできなかった事が実現できるようになったと言う。

 それは起業独立者のみんなが、人生を本当に楽しんでおり、一人一人の目がとても輝いていた事だ。こんなに人生が楽しく未来に希望を持っている若者をこれからも応援したいと心から感じる。また挑戦したいと思っている全ての人にこの高橋氏が運営するEPAを強くお勧めたい。

【編集:UN】

ワールドの新着ニュース