カンボジアのニュース

カンボジアから世界へ羽ばたくベンチャー企業! 楽天トラベルを経て、SpaciaNetを起業
配信日時:2020年10月10日 8時00分 [ ID:6721]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

SpaciaNet 民泊オンラインゲストサービスのスタッフ

 2020年10月、今回 ご紹介するワ コラさんは、2004年から日本に留学。電気通信大学大学院で社会知能情報学を専攻し、2011年に同大学卒業後は楽天株式会社で楽天トラベルの予約システムの開発に2年間携わり、その後カンボジアに帰国して、ITサービス起業の傍ら通訳、その他日本関連事業などを経て今の会社を立ち上げた。

 当時、日本でのカンボジアのイメージは酷く、カンボジアのインターネットは大丈夫ですか? 電話はちゃんと取れますか? などのちょっと不安な質問をよく受けたとワ コラさんはいう。

 会社設立の発端は日本で知り合った今の奥さんと一緒に、日本カンボジアのBBQ交流会に参加した時のこと。そこで知り合った薬剤師の日本人は、カンボジアで弁当屋、クリニックなどを経てNGOを立ち上げるが厳しい状況になり、一緒にこのAirXpressサービスを2015年6月に設立した。

 主に日本の民泊の海外向け管理を行い、民泊オンラインゲストコミュニケーションサービスに特化。日本のインバウンドの追い風を受け、コロナ禍前には従業員80人を抱える企業に成長する。

 しかしコロナ感染拡大により新規採用をやめたが、解雇はせず、20%の勤務時間削減と希望退社を実施した。従業員を意地でも守っていく姿は経営者の本随を貫く凄さを感じる。

 以前は、交通渋滞検索アプリ Chatmuk Traffic を開発など、いろいろな事業にもアンテナを張り、現在は SpaciaNetを立ち上げる。

 この会社はスペースとインターネットを掛け合わせ、インターネット上のスペース王国という意味の名前で、オフィスシェアリング、貸し会議室、キッチンシェアリングなどをデジタル化し、自社はダイアモンドツインタワーの16階を主に日系企業への賃貸、15階をオフィスシェアリングとするビジネスを展開している。

 日本でも未だ無い様なアイディアをコロナ禍に合ったビジネススタイルとしても、一歩進んで事業化している様だ。

 将来の展望としては、日本のコンビニの24時間無人化は必ず来るという中、そのカスタマーサービスを一手に引き受けていくのが、今後の事業展開になっていくという。どんどん進めて行く姿は今あるカンボジアの発展を牽引しているようにみえ、日本のバブル時代を思わせる活気が窺える。

 若い人に夢と希望を与える事で、カンボジアの若者のモチベーションを高め、未来へつなげていきたい。と言うのが今のコラさんの夢だ。カンボジアではIT最前線でこれからも活躍して行く事であろう。

【編集:RO】

カンボジアの新着ニュース