フィリピンのニュース

代々木公園「フィリピンフェスティバル」観光副大臣も来日!
配信日時:2022年12月3日 12時45分 [ ID:8528]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

2022年12月3日11時ごろ撮影

 2022年12月3日、代々木公園で開かれている「フィリピンフェスティバル」の開会式に、シェリーン・ゲイル・ユパミントゥアン観光副大臣が登壇し次のように挨拶した。

『本日ご出席の皆様、フィリピン・アシスタンス・グループの皆様、そして旅行・観光業界のパートナーの皆様、フィリピンの観光、伝統、文化に対して関心を寄せていただき、ありがとうございます。

観光大臣のクリスティーナ・ガルシア・フラスコの代理として、ここ美しい代々木公園で開催される本イベントに参加できることを嬉しく思っています。日本各地から私たちの愛するフィリピン人コミュニティが一堂に会することは、これ以上ないほど縁起の良いことです。このイベントを "メリーマツリ "と名付け、皆様にお会いできることを大変嬉しく思っています。

今日、私たちは、フィリピン人と日本人がこの素晴らしい文化のるつぼに集い、両国の間に共有される深い愛国心を目の当たりにしています。フィリピンの文化、観光、料理、ビジネスと貿易、投資と退職の機会、ESLと長期滞在のバケーションを紹介するこの一日に、東京で懸命に働くフィリピン人海外勤務者と日本の友人たちに参加していただき、ありがとうございました。

フィリピン観光省および観光推進庁と代表団に代わり、日本のフィリピンに対する長年の支援に感謝しつつ、ご挨拶を申し上げます。

日本と外交関係を樹立して以来、60年以上が経ちました。それ以来、日本はフィリピンの主要な投資国のひとつであり、主要な輸出先であり、フィリピンへの海外開発援助の第一の提供国となっています。

私はここで、2022年2月に海外旅行に国境を開いて以来、フィリピンの観光が220万人の入国者を記録し、その勢いを増していることを報告できることを嬉しく思っています。さらに言えば、2022年10月31日現在、フィリピンの観光収入は1300億ペソを超え、昨年末までに記録したものと比べて2,000%増となりました。

日本の経済的な幸運がフィリピンのそれと密接に結びついていることは、何度も証明されています。フィリピンへの観光客数で第6位の日本は、フィリピン観光の強力な柱の一つです。

日本からの入国者数が回復していることを嬉しく思います。2月10日に国際線を再開して以来、2022年11月28日現在、82,523人の日本人旅行者を受け入れ、前年同期比606.29%の伸び率となっています。

2019年のプレパンデミック以前に迎えた682,788人の日本人の友人にはまだ遠いかもしれません。しかし、フィリピン人同胞が友人を招待し、日本人がフィリピンを訪れることを支持し、関心を持ってくれることで、これまで以上に早く回復することを望んでいます。

このため、フィリピン観光省は、ここ東京で予定されている、観光、貿易、そして両国の緊密な関係のさらなる発展を目的としたあらゆるイベントを心から応援しています。

このイベントを実現させ、日本の皆さんにフィリピンをアピールしてくださった在日フィリピン大使館観光部のニール・バレステロス氏、観光部大阪事務所のジェローム・ディアス氏にお礼を申し上げます。親愛なる同僚の皆さん、わが国への貢献に感謝します。

確かに、私たちは感謝すべき理由をたくさん持っている。例えば、両国間の航空便の増加、それぞれの観光局によるプロモーションの強化、そしておそらくは国の要人による公式訪問によってもたらされた認知度の向上など、多くの要因が双方向の観光の成長をもたらした結果、今日の私たちの姿があるのだと思います。

このような努力は、ここ東京のフィリピン人と日本人のコミュニティが集まることで、より実感できるようになりました。フィリピン観光とフィリピン経済の回復のために、観光省を代表して、感謝申し上げます。

私たちフィリピン人は、日本の皆さんと同じように、長期にわたる安定した関係を大切にしています。私たちの国民と国家の友情が深まり、さらに投資すれば、新たな希望の時代に向けて、達成できないことは何もないと確信しています。』


【編集:af】

フィリピンの新着ニュース

Sunrise land property development one person corporationが開発する分譲地と建売住宅エリア、MANUEL GUIANGAバランガイホール近くSUNRISE HIGHLANDS 2023年1月23日撮影)