ベトナムのニュース

「中国の夢」は、日本の新幹線? ーベトナムメディア
配信日時:2016年3月15日 6時25分 [ ID:3220]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

博多新幹線車両基地。

 2016年3月15日、ベトナムメディアは、中国の習近平国家主席が唱える中国夢(中国の夢)の全面新聞広告に、日本の新幹線のイラストが使用されたと伝えた。中国共産党北京市委員会が出したこの広告には、「中国の夢」として中国の国旗や上海の高層ビル群、北京オリンピックのメイン会場「鳥の巣」と共に、メインはJR東海道・山陽新幹線300系(現在は退役し運行していない)が描かれている。300系は中国には無い車両だ。クライアント(広告主)から、資料として渡された写真を元に描いたのか、デザイナーがWEBサイトから引用したのか、どうしてこの広告が新聞掲載に至ったのかについて、中国共産党北京市委員会は口を閉ざしている。

 中国のネットユーザーから、多くのコメントが寄せられているとその一部を紹介している。
「これは間違いではない。日本国を吸収して、新幹線を使うのは中国の正夢だ」
「つまり日本のようになることが中国の目標であり、夢だと分かりやすく説明するための広告だ」
「最新の新幹線ではなく、古い新幹線が夢、奥ゆかしく控えめで謙虚だ。礼節を重んじて良い広告だ」
「これこそ事実に基づき真実を認める潔い広告だ。高速鉄道はもともと日本のパクリだからな」
「夢とは、ものまねから始まる。間違っていない」
「これは間違えたのではなく、意図がある」
「中国の夢は、日本製品を使うことだから間違ってない正しい夢だ」
「その通りじゃないか。中国の高速鉄道技術は日本の技術を踏襲したパクリなんだから」 など。
 
 中国の広告PRに詳しい日本の関係者は「中国はアバウトで、細心の注意を払ってPR映像や、広告を作成する習慣がそれほどありません。例えば10年ぐらい前ですが、航空会社の機内上映用の安全に関する映像で、パナソニック製のパソコンが登場しました。パナソニックは、神戸の工場でパソコンを製造しており、中国製ではありません。パソコン製造には中国も力を入れていますから普通は、中国ブランドのパソコンを使用するべきだと思いますが、製作スタッフは、まったく気にしないのです。個人個人が与えられた最低限の仕事しかしない。余計なことをしない。その結果が、今回の広告掲載に至った原因かもしれません」と話している。

【編集:kyo】

ベトナムの新着ニュース

ベトナムホーチミン市内の風景ホーチミン市はベトナム最大の商業都市。1975年までサイゴンと呼ばれ南ベトナムの首都。街並みはフランス統治下時代の影響を受け美しい建物やお洒落なレストランが多い