ベトナムのニュース

【南シナ海】誰も止められない中国の実効支配ー仲裁裁判所の判決は微力
配信日時:2016年7月22日 0時07分 [ ID:3606]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

「ベトナム領の南シナ海の写真展示」在日本ベトナム人会のブース(2016年6月11日午後撮影)

 2016年7月22日、フィリピンが提訴した南シナ海をめぐる領海問題で仲裁裁判所(オランダ・ハーグ)は、中国の主張を全面的に否定する判断を示し10日が経過したが、中国はこの判決を強硬に無視している。

 複数の見識者の話を総合すると、中国はこれまでと変わらずに南シナ海の実効支配を続行し、島民を増やし、軍事強化や資源の採掘準備を進める。

 周辺各国については、経済支援とのバーターでカンボジアのように、中国のスタンスに理解を示す国が増えるよう交渉を続ける。

 フィリピンとベトナムに関しては、経済的な結びつきの強化を行い、政治的な論点にならないよう個別交渉を行う。

 インドネシアについては、中国密漁船の拿捕や爆破が行われており、中国高速鉄道の建設遅れなど様々な問題を抱えており、架橋を中心に調整を進める。

 アメリカに関しては、米国債の保有(1兆2440億ドル)を生かし、南シナ海以外のテーマで親密度を増やし、米軍が実力行使をしないように懐柔すると見ている。

 仲裁裁判所の判断は、中国が予想するよりも中国にとって厳しい内容だったが、仲裁裁判所の決定には拘束力がないため、中国の動きを封じることは出来なかった。

 中国の国際政治手腕力は強く、歴史的な根拠を捏造するテクニックを駆使しており、南シナ海での支配を続行することを止める手立ては無い。


【編集:DL】

ベトナムの新着ニュース

ベトナムホーチミン市内の風景ホーチミン市はベトナム最大の商業都市。1975年までサイゴンと呼ばれ南ベトナムの首都。街並みはフランス統治下時代の影響を受け美しい建物やお洒落なレストランが多い