ベトナムのニュース

ドンドン悪化するベトナムの反中感情「クタバレ」と中国パスポートに落書きの入国審査官は英雄
配信日時:2016年8月1日 22時22分 [ ID:3643]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

「ベトナム領の南シナ海の写真展示」在日本ベトナム人会のブース(2016年6月11日午後撮影)

 2016年8月1日、中国が領海の主張を無理に推し進めている南シナ海の問題で、ベトナム人の反中感情は悪化するばかりだ。

 ベトナムの空港に到着した中国旅行者のパスポートの九段線が印刷された部分に「クタバレ」を意味する英語の落書きを入国審査官が書いたと、中国側がベトナムを非難していることについて、ベトナムのSNSでは、入国審査官を英雄とたたえる書き込みがあった。

 中国船のベトナム漁船への攻撃は、オランダ・ハーグの仲裁裁判所が「法的根拠はない」との裁定を示してからは、減少している。しかし、中国の近海の漁場が海洋汚染で魚が減少してから、密漁船が増え、海底に資源があることが判明してから、中国公船の航行が頻繁になり、中国の領海だと声高に主張を始めたことには無理がある。

 ベトナムでも中国の王毅(おう き)外務大臣の評判は最悪で、中国の悪の象徴とのイメージを持たれている。親交のある日本のメディア関係者は「在日本中国大使のころは、話の分かる穏健派だったが、中国の今の政治体制の中では、外務大臣の役割りとして強い中国を演じるしかない、気の毒だ」と話している。

 中国がASEANの分断を進めていることに関して、ベトナムの見識者は「危険な状況で、中国としては、国内に様々な問題を抱えているため、敵を国外に作る必要があり、国民の目を欺くためにも、南シナ海を収取することに躍起になっている。中国式の外交がまかり通るようでは、国際的な協調は望めない」と嘆いている。

【編集:YH】

ベトナムの新着ニュース

ベトナムホーチミン市内の風景ホーチミン市はベトナム最大の商業都市。1975年までサイゴンと呼ばれ南ベトナムの首都。街並みはフランス統治下時代の影響を受け美しい建物やお洒落なレストランが多い