タイのニュース

【タイ】高温が続くバンコク、路上で熱中症による死者が発見される
配信日時:2014年4月27日 15時51分 [ ID:384]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

死亡した女性が運転して販売していた寝具。

 2014年4月26日、タイ字紙によると、バンコク北部パトゥムタニー県ナワナコンの路上で、熱中症によると思われる死者が発見された。

 日中38度から40度に迫る気温が続くバンコク。地元警察が、付近の住民の通報により駆けつけたところ、死亡していたのは、車で寝具などを巡回販売していた44歳の女性。死後2時間近く経過していた。

 目撃者によると、女性は炎天下の中を長時間移動しており、食事時に水を買おうとしたコンビニで昏倒したという。

 直接の原因は不明だが、熱中症による心臓マヒではないかと見られている。詳しい死因は国立タマサート大学法医学部で検死される。

 バンコクに限らず、ここ数日はほぼタイ全土で40度近く、あるいは40度を超える気温が観測されている。その中で熱中症が原因と考えられる体調不良などを訴える人も多い。各報道機関では、日中の外出を控えることや暑さ対策を呼びかけるものが増えている。

【翻訳/編集:そむちゃい吉田】

タイの新着ニュース

在チェンマイ日本国総領事館は、草の根・人間の安全保障無償資金協力による「プレー県ワンチン郡サローイ地区における子どもと高齢者のための送迎車両整備計画」の引渡式典を行った。