タイのニュース

【タイ】バーンフアイヤーサイ校の校舎建設を支援ーチェンマイ日本総領事館
配信日時:2020年8月8日 7時00分 [ ID:6576]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

生徒の様子

 2020年8月7日、チェンマイ日本総領事館は、草の根・人間の安全保障無償資金協力として「バーンフアイヤーサイ校校舎建設計画」の引渡式典を行った。松本洋総領事とバーンフアイヤーサイ校のソンクラーム・マンカラ校長らが出席した。

 バーンフアイヤーサイ校は、チェンライ県メースアイ郡の山岳地域に位置する幼稚園から中学校までの公立学校で、ほぼ全ての生徒がタイ語を母語としない「アカ族」や「ラフ族」などの山岳少数民族の子どもたち。遠隔地からの寮生の受け入れなどの教育機会の拡大にも積極的で、近年児童・生徒数が増加しており、同地域の青少年の社会進出と公的教育機会の提供において、極めて重要な役割を担っている。

 校舎は老朽化し手狭であることから、良質かつ必要な数の教室を確保出来ず、一部のクラスは寮や倉庫を仮教室として利用していた。また、中学生は小学生用の狭い教室を利用せざるを得ない状況だった。

 校舎建設にかかる総額5,835,000バーツ(約19,022,100円)の支援を行い、2階建ての中学生が使用する校舎(4教室及び多目的ホール)が完成した。

【編集:RO】

タイの新着ニュース

在チェンマイ日本国総領事館は、草の根・人間の安全保障無償資金協力による「プレー県ワンチン郡サローイ地区における子どもと高齢者のための送迎車両整備計画」の引渡式典を行った。