カンボジアのニュース

【シーセフ リーダーズ アカデミー】学校存続のためクラウドファンディング開始―カンボジア教育支援
配信日時:2020年10月22日 7時30分 [ ID:6754]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

シーセフリーダーズアカデミー ドリル配布時の様子

 2020年10月26日から、カンボジアで教育支援を行う「公益財団法人CIESF」は、クラウドファンディングで、シーセフ リーダーズ アカデミーの不足分の運営資金400万円の調達を目指す。

 シーセフ リーダーズ アカデミーは、多くの企業や個人スポンサーからの寄付で授業料無償で運営してきたが、コロナ禍で寄付も集まりにくい状況になったため、クラウドファンディングを利用し支援の輪を広げることにした。

 学校存続のために、他事業の中止、学校運営費の削減、今年度の新入園者募集の中止を実施した。

 生徒の保護者から教材の実費徴収を呼びかけたが、新型コロナ感染の影響もあり、経済的な事情で教材費を支払えない保護者もいることが分かった。

 経済的理由で学校に通えない家庭を救いたい、しかし現在の学校の運営状況では教材費の免除体制(奨学金制度)をとることのが困難なためクラウドファンディングを立ち上げた。

【実施期間】2020年10月26日(月)〜12月31日(木)。
【目標金額】400万円。

 シーセフ リーダーズ アカデミーは、2016年に開校した日本のカリキュラムを土台にした幼稚部・小学部・中学部一貫校。利他の心を持ち、地球益を考え、志のある未来のリーダーを育てるための幼小中を通しての教育を実施する。

 日本の古来からの考え方「和を以て貴しとなす」「三方良し」「足るを知る」を大切にし、日本のカリキュラムを土台にした最先端の質の高い教育を授業料無償で運営していたが、新型コロナウィルスの影響を受け困難になった。

 また、カンボジア国内のインターナショナルスクールとしては唯一、カンボジアの義務教育課程も修了でき、卒業資格を取得できる学校として教育省から認可されている。

【編集:PF】

カンボジアの新着ニュース