フィリピンのニュース

【フィリピン】アクテブシニア日本人会「マクタン島木曜会」のメンバー、ワクチン接種
配信日時:2021年8月1日 10時00分 [ ID:7292]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

アクテブシニア日本人会「マクタン島木曜会」写真提供https://993900.muragon.com/

 2021年7月30日、フィリピン・アクテブシニア日本人会「マクタン島木曜会」のメンバー尾田慎二(71)さんは、Island Central Mactanで、ジョンソン・エンド・ジョンソンCOVID-19ワクチンを接種した。8月1日9時現在副反応は、接種部位に多少違和感がある程度で、体調に問題は無いという。

 尾田さんによると「会場到着から接種完了までは約3時間。高齢者は、シニア専用レーンがあり優先接種できます。ただし、シニア以外の一般の接種は希望者が多く長時間かかりそう。ワクチン接種を担う医療関係者は休憩もできず、忙しく懸命に働いています。3日間は、アルコールを飲酒しないようにとの注意がありました」と話している。

 ジョンソン・エンド・ジョンソンCOVID-19ワクチンは、在タイのフランス大使館が、自国民向けの接種に使用している。1回の接種で効果が期待できるワクチン。

【編集:Eula Casinio】

フィリピンの新着ニュース

マクタン・セブ空港 滑走路緑地帯隅に移動したエアバスA330型の大韓航空機、アクティブシニア・マクタン島木曜会 尾田慎二さん 2022年11月27日午後撮影