ワールドのニュース

【コラム】国際ロマンス詐欺とは
配信日時:2022年9月29日 11時00分 [ ID:8267]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

南国イメージ

「あの人が、私を騙すはずはない」もしくは「私は、騙されるはずはない」。騙されたことが確定した時、そんな言葉を人は口にする。もちろん、その過程の中で「もしかしたら騙されているかもしれない」という思いは、浮かんでは消しての繰り返しをしてきたとしても。

 筆者は、結婚詐欺にあったことがある。その詐欺師に申し訳ないなと思うことは、出会った時はお金があった。でも騙しにかかる段階にはそのいくばくかのお金がなくて、騙されてあげられなかったのだ。彼は修業中の詐欺師だったのだろう。最後の最後に、私は詐欺師から一か月分の食費をもらった。どこから騙されていることを知っていたかは、最初からとしか答えられない。彼は日本人だった。詐欺師にしては、ちょっと個人データを話し過ぎたのが敗因。

 昨今、国際ロマンス詐欺が横行している。人の信じる心に付け入る。けれど、アッサリ騙されている人たちは、今まで生きて来た人生の中で善人としか出会わなかったのかというくらい、会ったこともない外国人を信用している。

 筆者は、男性女性どちらの仕掛け人にも詐欺をしかけられたことがある。ハンドルネームが男女の判別がつきにくいこともあって、女性も登場したのかなと思う。

 だいたいは、国境のない医師団とかで働いている。パイロットと兼業している人もいた。このコロナ禍、普通に病院に勤務している医師や看護師は、少なくとも出会いの場所を求めて奔走している人は少ない。普通の町医者のレベル・都道府県にある大学病院のレベルで、出会いは、二の次なのだ。国境のない医師団なら、もっともっと。ネットで出会いを求めること自体、もうあり得ない。

 女性の場合の手口を記す。ちょっと露出が多いかなって感じの欧米人の写真が貼ってある。自分は孤児院出身で、孤児院を出た後に、「すぐ」赤十字のナースとなって、戦地に赴いたと自己紹介した。私は不思議に思った。日本の孤児院=児童養護施設では、高校は出られても、看護師の資格を取る専門学校や高校より上級の学校に行くのは不可能なのだ。仮に彼女の存在する国で、慈善家がお金を出して学ばせてくれるとしても、「すぐ」赤十字に入社するのは不可能だ。

 彼女は私を男性だと思って、セクシーな言葉で何度も話しかけてくる。「勘違いしているようだけど、私は女性ですよ」と書き込んでも「そんな意地悪言わないで」と返してくる。「看護学校はどういうルートで、資格はどの国でとられましたか」など彼女の立場に関しての質問はスルーだ。

 時系列がまずおかしいのだ。赤十字に入って、戦地に10年いたら、28歳。しかし彼女は38歳。時差の10年はなにをしていたのだろう。すぐにでも結婚して、赤ちゃんが欲しいと彼女は書いていた。あまりにかわいそうになって、SNSの運営に報告して終了させた。相手をするほど暇でもなかったのは事実。

 男性は、2~3回のあいさつ程度のやりとりの後に、熱烈な「アイラブユー&アイニードユー」的な言葉の連発を始める。慣れていない人は、コロッといくのだろうか。筆者は、顔写真ではないので、容姿を褒める言葉で「それBWHほぼ同じのぬいぐるみなんですけど」と思う。指摘はしない。もちろん彼らも「どちらの大学の医学部を出ましたか」はスルーだ。国境のない医師団にいるならば、銃殺された中村哲氏のことは名前だけでも知っているべきなのに、「あなたの本名か」とまで聞かれる。5回に1回くらい「これはグーグルの翻訳機能だから、時々言葉がおかしいけれど、アナタを思っている気持ちは日増しに募る」を差し込む。いやいや、ぬいぐるみですけどね、写真。

 世界中探せば、医師とパイロットの兼業はいるだろう。医師でパイロット資格を持っている整形外科医も日本にはいるくらいだから。でも、国境のない医師団で戦地にいて、兼業している暇などないわ~。これがおかしいと思わない女性って、本当に純粋「〇カなの?」としかいいようがない。

 筆者は、言葉の仕事をしている(時々、改行や句読点の打ち方がおかしいとご指摘をいただくが、そういう業界で仕事をしてきたのです)。まず、挨拶ができないのは、人間としてダメだ。何人であっても。SNSには時差が存在するが、今自分がどの時間帯に存在するかを明確にできないのはダメだ。

 会ったこともないのに、甘い言葉の連打も危険だ。「私は、恋愛経験が少ないから」。その言い訳は通用しない。甘い言葉の裏には、かならずなにかある。

 そして、なぜ筆者が騙されないか~いや、いつか騙される日も来るだろうとは思う。来て欲しいなとも思う。「金がない」騙されて出すくらいの金がない。誰かのために金を借りようとも思わない。ライターなんかしていると、フリーローンも最低額しか借りることはできないし、返せないから借りない。

 ネット上の出会いではなく、リアルな出会いがある。そこにも結婚詐欺があるように、人間の本能をちゃんと働かせて生きて行こうじゃないか。パートナーがいないことは、別におかしいことではない。

【編集:fa】

ワールドの新着ニュース