ワールドのニュース

日本人元AV女優が売春容疑で逮捕され、タイでも話題に「止まらぬ円安も大きな要因! 」
配信日時:2022年10月25日 16時30分 [ ID:8449]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

MIYABIとして人気の小澤マリアは、9月に来タイしたときの様子はタイのメディアで取り上げられた(タイメディアより)

 2022年10月20日、香港メディアの報道によると摘発された売春組織の中に日本人の元AV女優がいたことが明らかになった。また、AV人気が高いタイでも報道されて話題になっている。

 摘発は10月17日(月)に尖沙咀で行われ、日本人元AV女優のほか、タイ人一人と中国本土からの23〜44歳の16人の女性が、資格外活動の容疑で検挙された。警察発表によると今回の摘発は、入国管理局と合同で、尖沙咀地区のホテルを対象に行われた。摘発では、現金6万香港ドルのほか、コンドームやローションなどが押収された。

 検挙された女性たちはそれぞれ、自身の名前で借りた部屋で客を取り、一回のサービスを6,000〜7,000香港ドルで提供。その内、4,000香港ドルを手にしていたという。

 この事件は、タイでも報道され話題になっている。かねてから日本人AV女優の人気が高く、タイで撮影された英語にも出演した蒼井そらや、MIYABIの別名で人気がある小澤マリアは、先月来タイしていた時の様子がメディアでも取り上げられるなど今でも人気がある。

 SNSなどにはAV人気をうかがわせるような不謹慎とも思えるコメントも寄せられていた。

「なんで香港? どうせならバンコクに来てくれたらよかったのに。」

「日本人も出稼ぎする時代になったか。それなら、バンコクで会える日も遠くないかもね」

「以前は、タイ人が日本とかシンガポールに出稼ぎに行っていたけど、今は日本人が出稼ぎ?」

「今度はバンコクに来て!」

 失われた30年、止まらない円安と低賃金の日本。かつては「からゆきさん」とよばれた出稼ぎする時代はすでに始まっているようだ。

【編集:KK】

ワールドの新着ニュース