マレーシア・シンガポールのニュース

【金正男氏殺害事件】北朝鮮が人質交換をマレーシアへ提案か? ー両国が直接交渉へ
配信日時:2017年3月12日 10時33分 [ ID:4193]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

イスラム教徒が多いマレーシアだがクアラルンプールには外国人向けのバーなども多い(撮影:中野鷹) 

 2017年3月12日、マレーシア現地メディア『東方日報』は、マレーシアと北朝鮮が水面下で直接交渉に入っていると伝えた。

 記事によると、北朝鮮側は、現在、マレーシア警察が逮捕状を出している高麗航空職員のキム・ウギル容疑者と、重要参考人としているヒョン・クァンソン2等書記官の身柄と引き換えに、北朝鮮に留め置かれている9人のマレーシア人を出国させることをマレーシア側へ提案しているという。

 北朝鮮は、マレーシア人9人は出国はできないものの平壌で安全な状態であるとすでに伝えているが、長期化することは望ましくなく、1週間以内にこの問題を解決したいとの希望をマレーシアへ伝えた。

 それに対し、マレーシアは、金正男氏殺害事件を解決するためには、北朝鮮大使館にかくまわれていると思われるキム・ウギル容疑者と、ヒョン・クァンソン2等書記官の拘束と捜査協力は不可欠であると考えている。
 
 2国間交渉の関係筋は、マレーシア警察は、2月13日に殺害された北朝鮮籍の男性が金正男氏であることを確認しており、当初、北朝鮮が男性は北朝鮮の外交官旅券を持つキム・チョル氏として早期の遺体引き渡しを求めていたが、現在、金正男氏の遺体返還を求めているかは不明とした。

 キム・ウギル容疑者とヒョン・クァンソン2等書記官がマレーシア警察に拘束される前に帰国させたい北朝鮮と、すでに出国済みの北朝鮮籍4人の容疑者確保が厳しい状況のため、2人の取り調べを事件解決の鍵と位置づけるも、これ以上の北朝鮮との決定的な関係悪化は避けたいマレーシアとの駆け引きが続いている。

【翻訳/編集:中野 鷹 】

マレーシア・シンガポールの新着ニュース

ドイツは4年連続1位に(撮影:我妻伊都・フランクフルト)