タイのニュース

バンコクを紹介した人気ガイドブックの新刊2017-2018年度版ただいま好評発売中
配信日時:2017年8月6日 9時00分 [ ID:4472]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

バンコクの高架電車(BTSスカイトレイン)や地下鉄(MRT)沿線を中心にしているので、どのスポットも観光初心者でも行きやすい。(高田胤臣撮影)

 2017年8月6日、バンコクの高架電車や地下鉄駅沿線を中心に、観光スポットやショッピングエリア、飲食店を紹介する「歩くバンコク」の、2017-2018年度版の新刊が登場している。

 毎年7月前後に更新され、特に日本人観光客からの評価が高い。制作はバンコクにある日本人向け無料誌「DACO(ダコ)」の編集部。常にバンコクの最新情報を持つ編集者たちが手がけるガイドブックで、毎年掲載内容も更新されるため、定期購入するリピーターも多い。

 本年度版はDACO編集部が持つ、タイ国内外のタイ通と呼ばれる人々とのネットワークから得られた全944スポットの情報から312スポットを厳選して紹介する。

 また、本年度の特集記事はバンコクからタイ全土へと格安で旅行できる乗り合い版の路線図が付く。タイ旅行が趣味という人にとっては保存版となる内容だ。

 販売は日本の書店や、Amazonや楽天などのオンラインショップ。価格は税別907円となる。オールカラーでマップ詳細もついている上、サイズがB5版程度で、厚みがおよそ4mmなのでカバンに入れて持ち運びやすく、実用的でもある。


【執筆:高田胤臣】

タイの新着ニュース

リハビリテーション室。20年前の日本のリハビリテーション室と重なる部分がある。扇風機しかないため、室温が40℃を超える日もある(写真提供:プラプラデーン障害者ホーム)