フィリピンのニュース

【インフラ整備の進むフィリピン】地デジチューナー「ABS-CBN TV PLUS」安価で高性能
配信日時:2018年3月17日 9時15分 [ ID:4954]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

フィリピンの地デジチューナー「ABS-CBN TV PLUS」ショッピングセンターの販売員も一押し

 2018年3月17日、フィリピンでも従来のアナログ放送から、地上波デジタル放送への移行が始まっている。家電コーナーのテレビ売り場には、地デジチューナー「ABS-CBN TV PLUS」が置かれており、1449ペソ(約2100円)で販売中だ。

 地域によっても異なるが無料で視聴できる6チャンネルがあり、そのほかは有料チャンネルとなる。有料チャンネルの加入促進のために、高性能チューナーを安価で提供している状況だ。このチューナーには簡易アンテナ(マグネット付き)も付属しており、チューナー出力からテレビには、3本のピン端子で接続するタイプ。地域によってはケーブルテレビよりも映像が綺麗だと好評。

 フィリピンの地デジは、日本と同じ方式を採用している。また、従来のアナログ放送では、送信所から遠く離れて映りが悪く、ノイズが目立っていたサマール島CATBALOGANの街では、衛星放送でパラボラアンテナをセットにしたSkY direct KIT(3699ペソ)KITの普及も進んでいる。

【編集:AS】

フィリピンの新着ニュース

サマール島カトバロガン 桟橋では干物作りの光景が見られる(2018年12月8日撮影)