ベトナムのニュース

【ベトナム】タクシーはスマートフォンで呼び出すことが当たり前?
配信日時:2016年12月29日 9時00分 [ ID:4013]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

ハノイやホーチミンなどの大きな都市では「UBER」も使える。タクシーを呼べるアプリは「gọi taxi」など。gọi taxiの意味はそのまま「タクシーを呼ぶ」だという。

 2016年12月28日、ベトナムの首都ハノイでは民間タクシー会社が多数運行しており、24時間、移動の足に困ることはない。しかし、乗車拒否や不正メーターの使用で正規料金で乗れないなど苦情も多い。特に言葉が通じない外国人には不利な状況で、問題のないタクシー会社は3社程度しかないともいわれている。

 そんな中で便利なのはスマートフォンにダウンロードでき、タクシー会社と連絡が取れるアプリだ。乗りたい場所で連絡をすれば、タクシーが迎えに来てくれる。例えばハノイ市内からノイバイ国際空港に行くには普通のタクシーでは対応してもらえない。空港行きのタクシーは屋根にエアポートと掲げている車でないといけないし、事前に予約をしていないとほとんどのケースで乗車拒否をされる。

 そんなときにアプリで好みのタクシー会社に直接連絡をつけることで、ハノイ市内のどこにいても30分以内にはタクシーが駆けつけてくれる。しかも、正規料金で対応してくれるので、安心して利用できる。ハノイ市内から空港へは大体12ドルがほぼ正規料金となる相場だ。一般的なタクシーを停めて交渉すると15~20ドル、あるいはもっと高くいわれてしまう。しかし、アプリを使えば安心料金の上に、きちんと記録に残るため安全でもある。

 ベトナムは飲食店などにWi-Fiが設置されていることが一般的だ。ベトナム語ができないとやや難しいが、外国人観光客でもアプリに接続して利用しやすい環境がある。ベトナムもまたスマートフォンが欠かせない場所になってきたようだ。


【執筆:高田胤臣】

ベトナムの新着ニュース

ベトナムホーチミン市内の風景ホーチミン市はベトナム最大の商業都市。1975年までサイゴンと呼ばれ南ベトナムの首都。街並みはフランス統治下時代の影響を受け美しい建物やお洒落なレストランが多い