フィリピンのニュース

フィリピン航空、2024年7月1日・関西~セブ線の運航を再開へ
配信日時:2024年2月3日 10時00分 [ ID:9518]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

フィリピン航空A321

 2024年7月1日、新たな希望の翼が空に舞う。フィリピン航空が関西~セブ線の運航を再開する。多くの旅行者とビジネスマンにとって喜ばしい驚きとなった。

 毎日運航の計画で、機材にはA321型機をメインに使用する予定。

PR409便 関西15:25発→セブ18:45到着。 
PR410便 セブ09:05発→関西14:25到着。

 今回の運航再開について、吉田 正昭さん(アクティブシニア・マクタン島木曜会)は『私はセブで日本語教師のバイトをしています。年に数回、西宮の自宅に帰る必要があり、コロナ前は関空ーセブの直行便を使ってました。所がコロナで直行便がなくなって、マニラ経由になり、マニラでの待ち時間も長く、行程が夜中になったりして、体力的に厳しかったのですが、これでやっと楽に自宅とセブを、行き来出来るようになり、大変嬉しく思います。』と話している。

 また、尾田慎二さん(アクティブシニア・マクタン島木曜会)は、木会友人はマニラ乗り継ぎが嫌で大阪から新幹線使い成田からPRセブ直行便を使っていました。時間帯も深夜・早朝帯ではないので利用しやすい運航スケジュールでありがたいことですと、関西~セブ線の運航再開を熱烈に歓迎している。

【編集:af】

フィリピンの新着ニュース