ワールドのニュース

酒井 勝一 氏「アジアで注目されるネット広告プロデューサー」
配信日時:2022年12月9日 11時30分 [ ID:8542]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

株式会社SSグループ

 広告業界は、電通や博報堂などが全てを仕切っていたが、このところほころびが目立つようになってきた。インターネットの普及で新聞やテレビの媒体価値も相対的に下がってきている。2022年12月、誰でも気軽にネットビジネスに参入出来る様になった現在。ネット広告を制するものがビジネスを制すると言われている。特にアジア圏はネットへのアクセス時間が長い。 

 複雑なネットビジネスは、自分自身で出来ればベストだが、一朝一夕でマスターできるものでは無い。

 ではプロに頼む場合、どのような基準で広告代理店選べばいいのか? ネット広告の専門家、酒井 勝一 氏はこう断言する。「売上アップを保証できない代理店に依頼しても絶対に成功はしない」というのも現状の広告業界では代理店手数料の計算方法に問題があると言う。

 手数料=広告実費×20%が基本となっており、その計算式には売上の項目が存在しない。

 極端な話、代理店は売上ではなく広告費に比例して手数料が増えるので、少しでも多くの広告費を消化しようとする。

 その結果、広告費と手数料は意味なく増えるがクライアントの利益は2重に減る。

 つまりこの計算方法である限り、クライアントと代理店の目的は相反するものとなる。

 現に同氏が他社のレポートを確認した所、全く効果のない広告になっていたケースが非常に多かった。当たり前の話だが、違う目的を持った両者が長期的な関係を築くのは不可能に等しい。

 双方の目的を『売上アップ、経費ダウン、1円でも多く利益を』に統一する必要がある。

 「もし売上アップしなければ手数料は0円、さらに代理店側が広告実費を負担しても構わない。」これ位の覚悟を持った代理店をクライアント自身が見極めて選ぶべきである。

 「株式会社SSグループ」酒井 勝一氏は、幅広い業種のクライアントの(IT、商社、通信、銀行、エンタテインメント、アパレル)広告営業に従事、その後はソーシャルゲーム会社にてマーケティング業務に従事。その後も新規事業立ち上げにおけるマーケティング全般を担当。常に新たなビジネスモデルを考えて収益を追求してきた。

また、前職ではマーケティングコンサルティング部門を統括し、10年以上の業界でのノウハウや人脈などを積み2020年より独立し、独立後には「株式会社SSグループ」を立ち上げる。


代表の酒井 勝一氏の特徴は、大学時代に海外語留学を経験し、そこで経た英語力を生かして大学時代は海外への多数の渡航経験があり、そのために、企業立ち上げ時よりいち早くダイバーシティの推進に賛同し「株式会社SSグループ」で採用した点だ。

 酒井氏は、『IT業界の「人材の不足問題」、「グローバル社会との向き合い方」、「働き方の多様化に合わせた多様な人材」を組織やチームに採用し、意見を幅広く取り入れてそれぞれの能力を最大限活かし、柔軟な意思決定や自由な発想の創造、同一性を重視した組織の変革で、組織の競争力をあげていくダイバーシティを推進している。

 人種や宗教、性別、障がいの有無、個々のライフスタイル、価値観という観点で、これらの多様性を認めたうえで積極的に採用し、活躍してもらおうという働きかけを行っています。』と語る。


【酒井 勝一 プロフィール】
「株式会社SSグループ」は代表の酒井 勝一の得意とするSEOコンサルティングや各メディアの出版、印刷やポスティングや、SNSを活用したWebマーケティングといった業務まで、幅広く対応。
 強みはWebコンサルティング事業、SEOコンサルティング事業、ホームページ制作事をワンストップソリューションでサービスを提供する。

・代表 酒井勝一
・株式会社SSグループ
・東京都新宿区西落合3-1-21
・電話03-3950-7711

【編集:fa】

ワールドの新着ニュース