フィリピンのニュース

ダバオから行きやすい、サマル島・パラダイス アイランド パーク&ビーチ リゾート
配信日時:2023年1月21日 18時30分 [ ID:8641]

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をクリックすると次の写真に切り替わります。

サマル島・パラダイス アイランド パーク&ビーチ リゾート そこそこ綺麗なビーチ 2023年1月20日、ニコン防水カメラCOOLPIX W300で撮影

 2023年1月20日、穏やかな気候のフィリピン・ミンダナオ島ダバオ。前大統領と現副大統領の出身地として注目を集めた、フィリピンで3番目に大きな都市だ。治安の良さはフィリピンで1番。マニラやセブに比べ物価も安く、フィリピンで最も暮らしやすい地域と言われている。

 サマル島・パラダイス アイランド パーク&ビーチ リゾートは、ダバオ側からバンカーボートで約10分。手軽にビーチと食事を日帰りで楽しむダバオ市民が多い。海はソコソコ綺麗で、波も穏やか気持ち良い海風を受け、生演奏を楽しめる。この日のランチタイムは、11時・12時・13時・14時に、30分ほどのステージが始まった。

 土曜、日曜は、ボート乗り場での待ち時間もでるほど。費用は、食事やドリンクを含め一人 1,000~2,000ペソ(約2500~5000円)。サマル島には、ダバオと結ぶ橋の建設計画があり脚光を浴びている。

【取材/撮影:Eula Casinillo】

フィリピンの新着ニュース

Sunrise land property development one person corporationが開発する分譲地と建売住宅エリア、MANUEL GUIANGAバランガイホール近くSUNRISE HIGHLANDS 2023年1月23日撮影)